ちいさなおうちの庭と手作り






ダンボールコンポスト失敗の巻 :: 2011/10/21(Fri)

7月に新しく作ったダンボールコンポスト。

失敗してしまいました


たくさん頂いたりんごや柿の皮。傷んだ柿を丸ごと一度にたくさんコンポストに入れたのです。

そうして気温も低くなっているのに、かき混ぜないまま、2日おいてしまいました。

今までも出かけたりして2,3日混ぜなくても大丈夫だったので、過信していました。


なななんと、虫が出てしまったのです

柿にいたと思われる白い小さい幼虫~と黒い小さな虫が・・・ぎゃ~たくさんいる~


大丈夫。画像は載せません


すぐに外に出して、木酢液と殺虫剤を撒き、庭に穴を掘って埋めてしまいました。



その後まだ次のダンボールは用意していないのですが、

生ゴミを捨てるのがもったいないので早くいいダンボール見つけてこないと・・



今回の敗因は

・柿の皮などを細かくせずに大量に入れたのに、毎日かき混ぜて空気を入れなかったこと。
・傷んだ柿(腐ったものやカビが生えているものを入れてはいけません)を入れたこと。

です。

特にいたんだ果物は虫がいることがあるので要注意ですね

糖分があるものはすぐに分解するだろうと踏んでいたのが良くなかった・・

それに、庭に開けてみたら、底の方に混ざっていない籾殻くん炭が残っていました。

やはり深くて狭いハコは混ぜにくかったんですね。


次は気をつけよう

良い教訓になりました。
スポンサーサイト
  1. ダンボールコンポスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


ダンボールコンポスト覚書 :: 2011/07/29(Fri)

2月25日に作ったダンボールコンポストに生ごみを入れるのをやめ、熟成させることにしました。

なので新しいダンボールコンポスト3基目を作りました。今度はスイカの箱です。

重いものが入っていたダンボールは2重になっているのでへたりにくく、長く使えます。

でもペットボトルなどが入っていた箱では小さいので、箱を見つけるのもなかなか大変です。

012_convert_20110729202947.jpg

巷では腐葉土の放射能汚染があり、自分で作った生ごみ堆肥なら、少しは安心できます。

今回基材として使用するピートモスはカナダ産でした。

もみがらくん炭は昨年買ったものです。


2基目は籾殻くん炭を多めに入れたためか、ダンボールの容積が大きかったためか、

水気が多くなったり、生ごみを分解する機能が衰えたりせず、長く使えました。

なんと5ヶ月もです。

夏に入って暑くなってからも、おいてあるパントリーは西日があたって大分暑かったのですが、

生ごみを入れ終わって、すぐにTシャツのカバーを被せるようにしたら、虫が出ることもなく、匂いもなく

スイカの皮をたくさん入れたりしても順調に分解してくれていました。

魚の皮や骨をたくさん入れたときは、次の日は魚臭いですがすぐに分解され、臭いはしなくなります。

今はパントリーにそのままおいておき、時々かき混ぜています。

011_convert_20110729202928.jpg



でも、今回も基材全体が箱いっぱいになってきたため、新しいものを作ることにしました。

植物の秋植え用に、堆肥もほしいし・・

熟成しないまま庭に混ぜるとカラスが卵の殻を狙ってくるから、熟成させたいし・・

早く熟成しないかな~
  1. ダンボールコンポスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


ダンボールコンポスト :: 2011/02/25(Fri)

今使っているダンボールコンポストはまだ生ごみを分解してくれているのですが、
基材がいっぱいになってきたので、新しいダンボールコンポストを作ることにしました。

簡単に作り方をご紹介しようと思います。

用意するもの
 ダンボール(重いものが入っていて2重になったダンボールの箱だと丈夫です)
 ピートモス
 もみがらくん炭


ダンボールを用意します。底に1枚薄いダンボールと新聞を敷きました。
もち手の穴は紙のガムテープでふさいでおきます。
001_convert_20110225105637.jpg


基材を用意します
ピートモスともみがらくん炭は3:2の割合になるように混ぜると良いそうです。
今回私のはピートモスがちょっと少なめかな
005_convert_20110225105729.jpg

ピートモスを入れます
006_convert_20110225105756.jpg

もみがらくん炭を入れ混ぜます。

007_convert_20110225105822.jpg

これで出来上がりです。

暖かくなってきたので、虫が入らないように、ふるいTシャツで作ったカバーを掛け、
ダンボールの下からも通気できるように下には園芸用編みカゴを逆さにしておいたり
うちは木切れを四隅においた上に100均のネットを置いて乗せています。

ここに今日は生ごみ500グラムぐらいと以前のコンポストから基材を500グラムくらい入れました。

1つの段ボールで3ヶ月間の生ごみ全部を分解してくれるなんて
とても不思議で、可燃ゴミも減っていい気分でした。

これから暖かくなるので、また変化があったら記録しようと思います。

それから米ぬかをたくさん頂いたので、それの堆肥化も検討中。
米ぬか納豆堆肥?というのがあるそうなので・・

  1. ダンボールコンポスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:0


見せたいけど見せたくない物 :: 2011/01/21(Fri)

ブログを始めてから、載せたいなあと思っていたものがあります。
でも見たくない~と思う人もいるかなと・・・

それはダンボールコンポストです。

うちの庭は粘土質の土で、最悪です。買った堆肥を入れてきましたが、
自分でお金をかけずに何とかできないかと考え、いろいろ調べてチャレンジしました。
そろそろ一月半になります。

ミシンの入っていたダンボールに、もみがらくん炭と、ピートモスをいれ、生ごみを入れていくだけですが、
1ヶ月以上たった今も、量はほとんど増えていません。1日1~2回、出た生ゴミをすべて入れても大丈夫です。
時には古くなったお菓子など入れると、温度が上がってホッカホカになったりしてほんとうに面白いです。

古いTシャツで作ったカバーをかぶせています。
IMG_4201_convert_20110121135036.jpg


中身は・・・


IMG_4200_convert_20110121134951.jpg

こんな感じです。嫌な匂いはしません。
土の匂い、森の匂いがします
  1. ダンボールコンポスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:0