ちいさなおうちの庭と手作り






ダンボールコンポスト覚書 :: 2011/07/29(Fri)

2月25日に作ったダンボールコンポストに生ごみを入れるのをやめ、熟成させることにしました。

なので新しいダンボールコンポスト3基目を作りました。今度はスイカの箱です。

重いものが入っていたダンボールは2重になっているのでへたりにくく、長く使えます。

でもペットボトルなどが入っていた箱では小さいので、箱を見つけるのもなかなか大変です。

012_convert_20110729202947.jpg

巷では腐葉土の放射能汚染があり、自分で作った生ごみ堆肥なら、少しは安心できます。

今回基材として使用するピートモスはカナダ産でした。

もみがらくん炭は昨年買ったものです。


2基目は籾殻くん炭を多めに入れたためか、ダンボールの容積が大きかったためか、

水気が多くなったり、生ごみを分解する機能が衰えたりせず、長く使えました。

なんと5ヶ月もです。

夏に入って暑くなってからも、おいてあるパントリーは西日があたって大分暑かったのですが、

生ごみを入れ終わって、すぐにTシャツのカバーを被せるようにしたら、虫が出ることもなく、匂いもなく

スイカの皮をたくさん入れたりしても順調に分解してくれていました。

魚の皮や骨をたくさん入れたときは、次の日は魚臭いですがすぐに分解され、臭いはしなくなります。

今はパントリーにそのままおいておき、時々かき混ぜています。

011_convert_20110729202928.jpg



でも、今回も基材全体が箱いっぱいになってきたため、新しいものを作ることにしました。

植物の秋植え用に、堆肥もほしいし・・

熟成しないまま庭に混ぜるとカラスが卵の殻を狙ってくるから、熟成させたいし・・

早く熟成しないかな~
スポンサーサイト
  1. ダンボールコンポスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ